グルメにショッピング、余暇も充実。五軒邸に住まう夫婦の一日

image photo
image photo

眼下に城下町を望む『アルファステイツ五軒邸弐番館』。閑静な街が広がり、落ち着いた暮らしを実現してくれます。世界文化遺産「姫路城」と隣り合わせになりながらも、新幹線停車駅である「姫路」駅の利便性と周辺の便利さも存分に享受。そんな五軒邸エリアに住まうご夫婦の、とある休日をご紹介します。

時計

7:00

起床&散歩

姫路城
姫路城

朝目覚めると、眼下に「姫路公園」が広がっている。「姫路城」の美しさもさることながら、公園の自然、そして何より解放感が心地よい。さっと着替えて「姫路公園」へ散歩に出かける。

時計

8:00

モーニング

イメージ
イメージ

散歩ついでに「コムヒー」に立ち寄りモーニング。姫路名物の「アーモンドバター」を塗ったトーストをいただく。お城周辺は観光地であることもあり、お洒落なカフェやレストランがいっぱいあり、いつもどこに行こうか迷うほどだ。

時計

10:00

スポーツジムへ

「コナミスポーツクラブ 姫路中央」
「コナミスポーツクラブ 姫路中央」

一旦家に戻り、「コナミスポーツクラブ 姫路中央」へ出かける。主人はマシンジムで筋力トレーニング、私はヨガ。平日も夜10時まで開いているので、週に1回会社帰りと週末1回の最低2回は通っている。

時計

12:00

ショッピング&ランチ

「山陽百貨店」
「山陽百貨店」

帰宅後、一息ついて車で「山陽百貨店」へ。地下1階の食品から地上6階のレストランまで多彩に揃うデパート。6階レストラン街で軽くランチをいただく。食後、主人は書籍売場へ、私は雑貨売場へと向かい、しばらく別行動を楽しむ。

時計

14:00

芸術鑑賞

「姫路キャスパホール」
「姫路キャスパホール」

「山陽百貨店」西館7階にある「姫路キャスパホール」で芸術鑑賞。「姫路キャスパホール」では週末を中心に様々な催し物を開催している。「姫路公園」内には「兵庫県立歴史博物館」や「姫路市立美術館」などもあるので、文化や芸術に触れられる機会がとても多くて嬉しい。

時計

16:30

「書写山」へ

「書写山」
「書写山」

「書写山もみじまつり」へ。期間中はライトアップを日没から午後8時まで行っていて、ロープウェイも延長運転している。「書写山」は歴史ある「書寫山圓教寺」のある山。明石海峡大橋や淡路島らも見渡すことができる素敵な場所だ。

時計

19:00

ディナー

「キッチンしまだ」
「キッチンしまだ」

「キッチンしまだ」でディナー。和風の落ち着いた雰囲気の中で洋食がいただける店。創業より継ぎ足しているというデミグラスソースは絶品で、主人も私も大ファンだ。

時計

21:00

帰宅

姫路城の灯り
姫路城の灯り

家に帰ってゆっくりと寛ぐ。外には姫路城の灯りがぼんやりと見える。姫路城は毎日日没から午前0時までライトアップしているが、時期によって白色系と暖色系とで入れ替わる。寒くなるこの季節は暖色系の灯り。優しい灯りは、1日の疲れを全て吹き飛ばしてくれるとともに心を和らげてくれる。

<奥様の一言>

ここに来て一番の喜びは、「姫路公園」の眺望です。朝の光をいっぱいに浴びた「姫路城」に、夜のライトアップされた「姫路城」。いつ見ても、ここに住む幸せを感じられます。自然に囲まれながら、芸術や文化に触れることも多く、休日の楽しみもいっぱい。美味しくお洒落なグルメの店が多いのもワクワクします。平日も含め、日々の習慣に健康づくりを取り入れられるのも嬉しいです。