エリア概要コラム

子育ても生活もしやすい、美しく整ったまち鹿の子台

21世紀の理想を求めたまちづくりをしている「神戸リサーチパーク」内にある、計画的に造られたニュータウン「鹿の子台」。気軽にショッピングができる新しい店舗が次々にオープンしているほか、憩いの場所となる公園がきれいに整備されており、暮らしやすいまちなみが広がる。各地へ向かう電車や車によるアクセスが良いため、通勤・通学に便利。保育施設も増加、神戸市の子育て支援が充実しているなど、子育て環境も整っている。

生活便利な、美しいまちなみのニュータウン

菅谷公園
菅谷公園

神戸市北区鹿の子台南町は神鉄線「道場南口」駅の西側に位置する。この付近は標高200~210m前後の丘陵地で、大規模な土地区画整理で誕生した「神戸リサーチパーク」の一画にあたる。「神戸リサーチパーク」は住宅地区の「鹿の子台」と住宅地と商業・文化・研究施設が整備されている「上津台」、工業地区の「赤松台」の3つのエリアから成り立っている。中でも「鹿の子台」は自然の地形を生かして計画的に造られたニュータウンで、まとまりのあるまちなみが広がっている。エリア内には緑豊かな公園やショッピングセンター、病院、公共施設、子育て・教育施設が充実しているため、快適な生活を送ることができるだろう。草木が美しい歩行者専用の道路があることも特徴で、安心して、買い物、通学、散策に出かけることができる。

各地へのアクセスが網羅され、通勤、津学、レジャーに便利

最寄り駅になる神戸電鉄神鉄線「道場南口」駅から約9分で到着する「三田」駅でJR宝塚線に乗り換えて快速を利用すれば最短、約41分で「大阪」駅まで行くことができ、各地へのアクセスがしやすい。また、「谷上」駅で乗り換えると地下鉄「三宮」駅まで約35分。気軽にショッピングやレジャーを楽しむことができる。近くには中国自動車道の「西宮北」ICや山陽自動車道と六甲北有料道路の「神戸北」ICがあり、自動車移動も便利。新名神高速道路、中国自動車道、山陽自動車道を接続する「神戸JCT」が近く、特に、新名神高速道路は2018(平成30)年3月に「川西」ICまでの区間が開通し、その先の「高槻」JCT・ICまでスムーズに利用することができ、ますます便利になった。2023年度中には「(仮称)大津JCT」までが開通する予定。これにより、新名神高速道路が全線開通することになり、滋賀県や三重県、愛知県方面へさらに快適にアクセスできるようになる。 

働く家庭に嬉しい、子育て支援施策が充実

星の子こども園
星の子こども園

神戸市は地域のニーズに合わせた子育て支援や、仕事と両立できる子育て支援を行い、「子どもと一緒に自分らしく暮らせる」「子育てが楽しい」まちを目指している。施策としては、例えば、妊婦健診助成は政令指定都市最高額の12万円、産後に助産師がサポートする「産後ケア事業」の実施箇所数は6箇所で兵庫県内第1位など、出産前後の支援が手厚い。また、待機児童解消に向けた取り組みに力が入れられており、幼保連携型認定こども園や小規模保育の整備も進め、保育施設の整備を促進している。病児保育室を病院・診療所に併設したり、学童保育は最長19時まで延長したりするなど、仕事との両立に重点をおいている。

鹿の子台南町自治会館
鹿の子台南町自治会館

子どもたちの遊び場や学びの場もたくさんある。鹿の子台エリア内にある「鹿の子台児童館」では、子どもたちが絵本やゲームなどで自由に遊ぶことができるほか、子育て中の保護者の交流・情報交換の場ともなっている。通学区の「神戸市立鹿の子台小学校」には市民図書館が併設されているほか、サッカーや野球などのスポーツクラブも行われている。いざという時は小児科の医療施設が徒歩圏にあるため、安心できる。「道場南口」駅近くの「わくこどもクリニック」は、子どもたちが安心できる環境が整っているほか、定期的なベビーマッサージを開催しているなど、子育て全般を応援している。2018(平成30)年10月には、病児保育室の「わくキッズケア」も開設される予定で、医療と保育が一体となった施設となる。

鹿の子台は自治会の活動も活発。「鹿の子台南町自治会館」では毎月第3月曜日に就園前の親子が集い、交流できる「バンビっこクラブ」の会場になっているほか、地区内に防犯カメラを設置するなどの活動を行っている。

日常のショッピングに便利、憩いの公園が多いエリア

スーパーマルハチ 鹿の子台店
スーパーマルハチ 鹿の子台店

「ホームプラザナフコ 鹿の子台店」や「ケーズデンキ 北神戸鹿の子台店」など、ロードサイド店が多く、日常の買い物を近場で済ませることができるエリア。2018(平成30)年5月には、鹿の子台南町6丁目に「スーパーマルハチ 鹿の子台店」が開業。納得価格の良い品を揃えることをモットーとしているため、毎日の食生活も楽しめるだろう。同じ「神戸リサーチパーク」には、商業・文化・研究施設の整備をテーマとする「上津台」もほど近く、「イオンモール神戸北」や「神戸三田プレミアム・アウトレット」といった大型商業施設でのショッピングも気軽に楽しめる。

掖谷公園
掖谷公園

「鹿の子台」は計画的なニュータウンということもあり、「掖谷公園」や「菅谷公園」など、エリア内に多くの公園が整備されているのも特徴。周辺にはスポーツ施設が充実した「北神戸田園スポーツ公園」や、フルーツ狩りをメインに、遊園地やプール、サーカスなどさまざまなエンターテインメント施設が集まる「神戸フルーツ・フラワーパーク」などもあり、親子で楽しめるスポットが豊富。休日のレジャーも近場で楽しむことができる。

あわせて読みたい。関連ページ