景観が美しい総延長約9キロの河川敷緑地

武庫川河川敷緑地

武庫川河川敷緑地
武庫川河川敷緑地

総延長約9キロ、瀬戸内海から山なみを越えて日本海までつなぐ桜の道、「兵庫県ふるさと桜づつみ回廊事業」の瀬戸内海側の起点である。緑地は川に沿って延び、全長8.4kmのサイクリングロードとジョギングコース、川の眺望を楽しむ休憩広場や、足つぼ刺激のできるフィットネスコーナーなどが整備されている。春は菜の花、秋はコスモスの花の群れ、武庫川の水面の向こうには六甲山の山並みが映える。花と自然が作る景観の美しさが実感できる場所だ。

武庫川河川敷緑地
所在地:兵庫県西宮市松並町ほか 
http://www.nishi.or.jp/contents/00003630..

詳細地図