海辺の街・舞子で楽しむリゾートフルな暮らし

「明石海峡大橋」のたもとに位置している垂水区舞子エリア。かつては白砂青松の景勝地「舞子の浜」として、多くの人々に愛でられてきた場所だ。江戸時代には多くの茶屋があり、旅人たちは雄大な景色を楽しみながら休憩をとっていた。海岸線にそって松林が続くその光景は「日本三大松原」とも称えられ、当時の浜辺の様子は、歌川広重の『六十余州名所図絵』にも描かれている。

舞子は貴賓たちに愛され続けた別荘地

明石海峡大橋
明石海峡大橋

皇族の方々も御気に召された舞子の美しい浜辺には、明治天皇も在位中7度も訪問されたという。「舞子公園」には、明治天皇が舞子の風景について詠まれた歌を刻む歌碑も建立されている。1888(明治21)年に有栖川宮別邸が設けられてからは、舞子は別荘地としても人気を集めるようになった。有栖川宮別邸が建てられていた場所は、現在「シーサイドホテル舞子ビラ神戸」となっており、有栖川宮が称賛された絶景を多くの人々が楽しんでいる。

明治末期から昭和初期にかけては、政財界人や外国人貿易商の別荘が続々と建てられ、全盛期には500戸もの別荘が建ち並んでいたという。別荘の中には文化的価値の高い建物も多く、「舞子公園」には、現存する日本最古のコンクリートブロック造の建造物で国の重要文化財に指定されている「移情閣」、国の登録有形文化財に登録されている「旧武藤山治邸」、「旧木下家住宅」など、当時の雰囲気を伝える建物が移築され保存されている。「ワコーレ舞子オーナーズヴィラ」は、当時から一等地として羨望されてきた「武藤山治邸」の跡地に誕生する。

旧武藤山治邸
旧武藤山治邸

「旧武藤山治邸」は、鐘淵紡績社社長のほか衆議院議員も務めた武藤山治が、1907(明治40)年に建てた別邸で、建物の外に張り出した円形の広いベランダが特徴的な洋館だ。「舞子公園」に移築された現在も、当時のままの家具や暖炉、ステンドグラスなどを見学することができる。

リゾート地として発展を続ける舞子

アジュール舞子
アジュール舞子

瀬戸内海や淡路島、「明石海峡大橋」などを借景とした美しい景観のこの地には、現在もセカンドハウスやリゾートマンションなどが多く立ち並ぶ。JR神戸線と山陽電鉄の2つの鉄道が通り、大阪や神戸といった大都市からもアクセスしやすい立地が人気のリゾート的な住宅地だ。もちろん、舞子の魅力は自然環境だけではない。ショッピング、グルメ、レジャーなどを楽しめ、スーパーマーケットやクリニックなど、日常使いできるような生活利便施設もそろう。週末や休暇を楽しむだけではなく、長期滞在にも快適な環境となっている。

舞子の景観を形作る明石海峡大橋

明石海峡大橋
明石海峡大橋

青い海にかかる優美な「明石海峡大橋」は、舞子と対岸の淡路島を結ぶ世界最長の吊り橋として有名だ。1986(昭和61)年から工事がはじまり、1998(平成10)年に完成。橋の開通に伴い、本州と淡路島・四国を結ぶ交通の便が向上したのはもちろん、周辺には多くのホテルも建設され、人気の観光地となっている。

また、神戸淡路鳴門自動車道で「明石海峡大橋」を渡ったところにある「淡路サービスエリア」や「淡路ハイウェイオアシス」は、日帰りレジャーを楽しめる人気のスポット。「淡路サービスエリア」には、観覧車や展望台、レストラン、ドッグランなどの施設が充実。「淡路ハイウェイオアシス」には、淡路島の味覚を堪能できるさまざまなレストランのほか、緑と遊具がいっぱいの巨大な公園が広がっている。

暮らしを彩るレジャースポット

舞子公園
舞子公園

海岸沿いを散歩したり、ジョギングをしたり、浜辺で行われるヨガのイベントに参加したり。舞子ではそんな、毎日の暮らしを楽しめる環境が整っている。海辺でリラックス&リフレッシュできる場所として、まず名前があがるのが「舞子公園」だろう。初の県立公園として1900(明治33)年に開設された公園で、現在は「明石海峡大橋」のたもとにある公園としてもおなじみで、巨大な橋を見上げる迫力が人気を集め、遠方から観光客も訪れる人気スポットとなっている。

アジュール舞子
アジュール舞子

そして「舞子公園」のすぐ東側に位置するのが「アジュール舞子」だ。かつての「舞子の浜」を復元した公園で、1998(平成10)年に開園。約800mにわたる砂浜が整備されている。神戸市でも最高ランクの水質を誇り、夏には海水浴を楽しめる。気持ちのよい芝生の広場やバーベキューコーナーもあるので、のんびりした休日を過ごすのもおすすめだ。

ほかにも、「ホテルセトレ神戸・舞子」や「シーサイドホテル舞子ビラ神戸」といった人気のリゾートホテルをはじめ、「三井アウトレットパークマリンピア神戸」などのセンスの良い買い物施設、さらにはボートフィッシングやクルージングも楽しめる「神戸フィッシャリーナ」など、多彩な施設が充実しており、華やかな時間を過ごすことができるだろう。

あわせて読みたい。関連ページ