古くから邸宅街として発展した風格が漂う神戸市東灘区住吉

神戸市東灘区住吉はJR神戸線と六甲ライナーの「住吉」駅、阪神本線「住吉」駅、阪急神戸線「御影」駅周辺に広がるエリアだ。古くから邸宅街として人気が高く、現在も阪神間屈指の高級住宅地として知られている。

酒造の街として発展、その後邸宅街へ

住吉は「本住吉神社」の門前町として発展し、かつては住吉村と呼ばれていたという。住吉村は1950(昭和25)年に魚崎町、御影町とともに神戸市と合併し、東灘区になった。

「御影郷」付近の酒蔵
「御影郷」付近の酒蔵

江戸時代中期移行の住吉周辺では酒造業が盛んに行われていた。その後、このエリアは「灘五郷」と呼ばれるようになり、今も住吉川の西側の「御影郷」には「白鶴」や「菊正宗」など多くの酒蔵が残る。

邸宅街として知られる住吉の街並み
邸宅街として知られる住吉の街並み

1874(明治7)年に「大阪」駅から「神戸」駅間に鉄道が開通すると、住宅地の開発が進められた。六甲山地の南麓にある住吉周辺は環境に恵まれた住宅地として人気を集め、今日に続く邸宅の地位を確立する。

谷崎潤一郎が暮らした「倚松庵(いしょうあん)」
谷崎潤一郎が暮らした「倚松庵(いしょうあん)」

阪神間に誕生した邸宅街は文人や芸術家にも愛され、独自の文化を生み出した。江戸時代に富を築いた酒造家も文化の発展に寄与したという。谷崎潤一郎も住吉に暮らした文人の一人で、現在も代表作『細雪』を執筆した和風木造建築の「倚松庵(いしょうあん)」が残る。近年、この地で育まれた文化は「阪神間モダニズム」として再評価され、改めて注目されている。

神戸市中心部、大阪市中心部にダイレクトアクセス

住吉は交通アクセスの利便性も高い。「住吉」駅からはJR神戸線と六甲ライナーを利用できる。JR神戸線は快速も停車し、快速に乗れば「三ノ宮」駅まで2駅、「大阪」駅までは4駅と近い。

エリアの南東には阪神本線「魚崎」駅もある。「魚崎」駅には阪神本線の特急や急行も停車し、利用できる電車の本数が多い。「魚崎」駅から快速急行に乗れば「三宮」駅まで1駅、直通特急、特急利用で「梅田」駅まで4駅で、こちらも短時間で移動できる。快速急行は近鉄奈良線へ、直通特急は山陽電鉄本線に直通する電車もあり、「近鉄奈良」駅や「山陽姫路」駅などにもダイレクトアクセス可能だ。

住吉駅
住吉駅

国道2号や国道43号など阪神間の幹線道路が近いため、自動車も使いやすい。阪神高速3号神戸線の「魚崎」出入口や「摩耶」出入口、阪神高速5号湾岸線の「住吉浜」出入口や「魚崎浜」出入口も近く、高速道路の利用もスムーズだ。

ハーバーハイウェイを利用すれば「神戸空港」に短時間でアクセスできるほか、「六甲アイランドフェリーターミナル」からは九州、四国方面へのフェリーがあり、旅行や出張の利便性も高い。

「住吉」駅前を中心にショッピング施設が充実

「住吉」駅直結で便利な「リブ住吉」
「住吉」駅直結で便利な「リブ住吉」

住吉は買い物環境にも恵まれている。JR「住吉」駅直結の「リブ住吉」にはスーパーマーケット「コープこうべシーア」など多くの専門店が集まる。さらに、JR「住吉」駅南口にも再開発で誕生した「KiLaLa住吉」があり、スーパーマーケット「KOHYO 住吉店」などが入る。阪神本線「御影」駅前にも「御影クラッセ」があり、買い物の選択肢は豊富だ。

六甲ライナーで六甲アイランドに行けば「マーケットシーン」や「神戸ファッションプラザ」もあり、散策がてら買い物に出かけるのも楽しい。

JR「住吉」駅近くの「神戸市 東灘区役所」
JR「住吉」駅近くの「神戸市 東灘区役所」

JR「住吉」駅周辺は「神戸市 東灘区役所」が建ち、東灘区の行政の中心地として機能しているエリアだ。2013(平成25)年には「神戸市立東灘図書館」が移転オープンしており、さらに公共サービスを使いやすくなった。

住吉川の水と緑が彩る

住吉川からは六甲山地が望める
住吉川からは六甲山地が望める

住吉周辺は緑に親しめるスポットも多い。とくに、エリアの東を流れる住吉川沿いには遊歩道が整備されており、六甲山地を眺めながら水辺の散策が楽しい。

地域の憩いの場として親しまれている「住吉公園」
地域の憩いの場として親しまれている「住吉公園」

エリア内に広がる「住吉公園」はテニスコートなどスポーツ施設が整備されているほか、「東灘うはらまつり」などイベントの会場としても利用されている。2017(平成29)年8月には神戸開港150年を記念した「港まつりinすみよし」が開かれ、話題になった。

少し足を延ばして六甲アイランドに行けば、「小磯記念美術館」や芝生広場がある「六甲アイランド公園」、プールやフットサル場などスポーツ施設が集まる「デカパトス」があり、休日のお出かけスポットも充実している。

古くから邸宅街として発展した風格に暮らしの利便性を併せ持つ神戸市東灘区住吉。この街では快適な暮らしを満喫できるだろう。

あわせて読みたい。関連ページ