フランス家庭で親しまれているフランス料理のお店

Bistrot persiller(ビストロ ペルシエ)

2009(平成21)年に、現在の場所への移転を契機にカジュアルなビストロ料理店として新装オープンした「Bistrot persiller(ビストロ ペルシエ)」 。シェフは、パリ・日本の数々の有名店でフランス料理一筋に料理の腕を振るってきた平生晶敏氏。

外観
外観

ビストロに改装した理由は一般的にイメージされる作品的なフランス料理ではなく、日頃フランスで親しまれている家庭料理の味を知ってもらいたいと考えたからだ。そのため同店では一般的なフランス料理店ではお目に掛かれないフランス家庭料理を楽しめる数少ないビストロとなっている。

店内の様子
店内の様子

「フロマージュ・ド・テッド/頭のチーズ」と名付けれてられた郷土料理は、豚の頭を丸ごと5時間ほど煮込み、骨から外れた肉をプレスしたもの。チーズは一切使用されていないが、チーズのような風味がすることからそう呼ばれ親しまれている。

「フロマージュ・ド・テッド/頭のチーズ」
「フロマージュ・ド・テッド/頭のチーズ」

”好きな料理を好きなだけ食べてもらう”ことをコンセプトとしており、アラカルトで気になる料理を存分に堪能する、そんなスタイルになっている。料理に合わせてセレクトされたワインを楽しめる「3杯セット」など、うれしいおもてなしも魅力のひとつ。

ドリンクメニューも豊富
ドリンクメニューも豊富

「長年愛されてきたものには理由がある」。フランス家庭の時計の音が聞こえてくるような、アットホームなフランスの家庭の味に、いちど触れてみてはいかがだろうか。

Bistrot persiller(ビストロ ペルシエ)
所在地:兵庫県神戸市東灘区御影中町1-7-12 
営業時間:11:30~15:00(L.O.13:00)、18:00~23:00(L.O.21:00)
※土・日曜日、祝日のランチは12:00~15:00(L.O.13:00)
定休日:水曜日(祝日の場合は翌日)、月・火曜日のどちらかの夜
https://www.facebook.com/Bistrot-persill..

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ