姫路城を中心とした自然あふれる都市公園

姫路公園

「姫路公園」は、姫路城を中心に整備された公園。68.1haもの広大な敷地の中には、「姫路城」をはじめ、「姫路市立動物園」「好古園」「姫路市立美術館」「県立歴史博物館」「日本城郭研究センター」などの施設がそろっている。

県立歴史博物館
県立歴史博物館

園の中心にある「姫路城」へ至るにはいくつか門があるが、南側の「桜門橋」を渡って入る「大手門」は特に美しい。「桜門橋」は江戸時代に架けられていた木橋の橋台の遺構を活かし、当時の橋をイメージして架けられたもの。左前方にお城の天守を望む、絶景スポットのひとつとなっている。

「桜門橋」を渡ると、芝生の広がる「三の丸広場」。春には桜、秋には紅葉が美しく、散策やランニングするのに気持ちの良い広場だ。天守の正面において、4月には「姫路城観桜会」、秋には「姫路城観月会」も開催され、琴や和太鼓の演奏など賑やかかつ風情あるひと時となる。

姫路公園
姫路公園

「三の丸広場」を抜けると天守が間近となる。「姫路城」の始まりは1346年の南北朝時代にまで遡るが、現在の五層の天守が築かれたのは関ヶ原の戦いの後、武将・池田輝政の大改修によるもの。「白鷺城(しらさぎじょう)」の別名を持つが、これには白漆喰で塗られていること、白鷺が多く住んでいたことなど諸説あるが、その美しい姿は、賞賛の声をあげずにはいられない。

そのほかにもビューポイントや歴史を感じるスポットはたくさん。天守の西側に南北に伸びる「千姫の小径」は、両手に堀の水と船場川の水に挟まれ、桜や紅葉も美しい散策路。城の南東端の「城見台公園」は、大天守と同様の形をした鯱が置かれており、その間から望む天守がこれまた美しい。

姫路公園
姫路公園

園内には教育施設も数多く揃っている。「姫路市立動物園」は、動物たちとのふれあいを楽しめるほか、小さな子どもが楽しめるバッテリーカーや観覧車などもあり、家族連れで賑わっている。「好古園」は、池泉回遊式の日本庭園。園内には御屋敷の庭を眺めながら食事をいただけるレストラン「活水軒」や、お茶をいただける本格的数寄屋造りの茶室「双樹庵」もあるので、休憩目的で出かけるのもいいだろう。

「姫路市立美術館」や「県立歴史博物館」なども一度は訪れたい重要なスポットだ。「大手前公園」「家老屋敷跡公園」「シロトピア記念公園」「東御屋敷跡公園」など、訪れる人をゆったりとさせてくれる公園も点在している。観光客のみでなく、地域住民にも愛される公園だ。

姫路公園
所在地:兵庫県姫路市本町 
http://www.city.himeji.lg.jp/s70/2845684..

詳細地図