スペシャルインタビュー

姫路市初の義務教育学校。その強みと魅力に迫る――「姫路市立白鷺小中学校」インタビュー

まるで姫路公園の敷地内にあるような素晴らしいロケーションで、広大な敷地面積を誇る「姫路市立白鷺小中学校」。姫路市で初の義務教育学校として、2018(平成30)年4月に開校して以来注目を集めてきました。「学力の向上」と「人間関係力の育成」という目標を掲げ、子どもたちが充実した生活を送れる環境が整っています。今回は、学校の歴史や教育活動について、校長の山口偉一先生にお話を伺いました。

今回お話を伺った 山口 偉一校長先生
今回お話を伺った 山口 偉一校長先生

いち早く小中一貫教育を導入し、「姫路=教育の街」というイメージを牽引

――まずは、白鷺小中学校の沿革・概要を教えてください。

山口校長先生:姫路市では、小中が密接なつながりを持ち、9年間という今までとは違う長いスパンで子どもたちを育てていこうという小中一貫教育を行っています。城南小学校(1873(明治6)年開校)と城巽小学校(1923(大正12)年開校)が合併して設立した白鷺小学校と白鷺中学校が、2009(平成21)年度より“小中一貫教育推進モデル校”として取り組んだのが始まりです。

中学部棟の外観
中学部棟の外観

2015(平成27)年には学校教育法が改正になり、従来の小学校・中学校という枠組みではなく、新たに「義務教育学校」を設立できることになったのに伴い、本校も2018(平成30)年の4月から義務教育学校に移行しました。姫路市で最初の義務教育学校となる「姫路市立白鷺小中学校」の誕生です。

注)義務教育学校とは、小学校6年間と中学校3年間を併せて、9年間一貫した教育を行う新しい学校制度のこと。

――「義務教育学校」であることの魅力や強みについてお聞かせください。

山口校長先生:義務教育学校には、独自のカリキュラム編成が認められています。小中学校が1つの学校になることで、カリキュラムを弾力的に組むことが可能になりました。
例えば、これまで中1で学んでいたことを小6で学ぶことができます。いつ何をどのように学ばせるのかは義務教育校が独自に考え、決定できます。また、職員組織が1つになることで、小学校と中学校の文化が混ざり合い、これまでにない気づきや学びがあります。まさに、ハイブリッド効果といったところでしょうか。

広々としたグラウンドも整備されている
広々としたグラウンドも整備されている

さらに、小・中学校が互いの教育内容を理解し、情報を共有するだけでなく、実際に成長していく様子を間近で見守ってきた先生方が、校舎が変わっても引き続き側にいて声をかけてくれたり、時には相談相手になってくれたりすることは、思春期の子どもにとって安心の基盤となります。このようなメリットを活かして、学校教育目標である「学力を基盤とした総合的な人間力の育成」の実現に向けて取り組んでいます。

――白鷺小中学校では、学力を向上させるために具体的にどういった取り組みを行っていますか?

山口校長先生:毎年授業内容をより良くするために、研究テーマを決めて授業改善に取り組んでいます。また、ノートの使い方や家庭学習の在り方について小中合同で研修を行ったり、教科部会に分かれて互いの授業を観察・分析などを行い、授業研究を深めています。小中学校教員の相互乗り入れ授業も実施しています。

中学部の授業風景
中学部の授業風景

――「人間関係力の育成」を目指した取り組みについても教えてください。

山口校長先生:コミュニケーション力や社会性を身につけるために、小学生と中学生が実際に交わる機会を多く持っています。具体的には運動会を小中合同で開催しました。小学1年生と9年生(中学3年生)が手をつないで入場行進している様子などを見ると、微笑ましいですよ。また、合同授業で中学生が先生の代わりを務めて、小学生が授業で分からないところを教えたり、異学年の縦割りの班を作って、歓迎会や合同清掃などを行っています。
こういったことにより中学生は「人の役に立っている」と実感することで自尊感情を高めることができます。また、小学生は「大きくなったら、自分もあんなふうになるんだ」と成長モデルを目の当たりにすることができます。

小中学生9年間の成長を描いた展示物
小中学生9年間の成長を描いた展示物

地域と連携しながら、“探究し続ける子ども”を育む

――白鷺小中学校の子どもたちは、地域の方々とも触れ合う機会がとても多いそうですね。

山口校長先生:昨年度からコミュニティー・スクールとして地域と連携した学校づくりにも取り組んでいます。「白鷺学校運営協議会」には地域の方が中心となって学校運営に関わっていただいています。
昨年度は「白鷺学校運営協議会」が主体となって、5~7年生向けのキャリア教育にも尽力していただきました。地域企業の社長や社員24名をゲストに迎え、求められる資質や能力について、さまざまな職種のパネラーからお話をしていただきました。3年生は総合的な学習の時間で、「市蝶」であるジャコウアゲハについて研究しています。チョウが飛び交う学校を目指して、3年生と地域住民の方が共同で、チョウの食草となるウマノスズクサの苗を植えました。白鷺小中学校の敷地は、姫路城跡中曲輪(なかくるわ)内なので、「中曲輪バタフライガーデン」と名付けて現在も活動を続けています。

――2010(平成22)年からは「楷の木サタデースクール」という取り組みも行っているそうですね。

山口校長先生:これは、4年生から9年生までの子どもたちが自学自習をする際に、地域の方や大学生、教員OBのボランティアが学校に来て勉強を教えてくれるというものです。授業の復習をしたり、分かりにくかった点を補ったり、自分で計画を立てて学習を行っています。

協働棟にある200人収容可能な大講義室
協働棟にある200人収容可能な大講義室

――今後、白鷺小中学校で力をいれて取り組んでいきたいことがありましたら教えてください。

山口校長先生:“探究し続ける子ども”を育てていきたいと思っています。多くの知識を身に付けている子を否定するわけではありませんが、これからの社会を生きていくには、自分の持っている知識を使って何を探究し、学び、発信していくのかが問われます。そして困ったときに「誰か助けて」と言える子になってほしいですね。「自分は今こんなことで困っているけれど、誰かこれを一緒に解決してくれない?」と言える、人と協働する力が何より必要だと考えています。
成功体験と同じくらい、挫折や失敗を経験することも重要です。失敗したときに耐える力、免疫力を蓄えておかないとこれからの時代を生き抜くことはできません。白鷺小中学校で異学年と交流し、多くの経験から身に付けた“人間力”はきっと大きな力になってくれると思います。

小学部棟の中庭
小学部棟の中庭

いろいろな「ひと・もの・こと」との出会いや交わりを経験しながら、「自分とは何か」という理解を深めていってほしいと思っています。さらに小中一貫教育のリーディング校として足元を見つめつつ、新しい学校制度を利用し、義務教育の可能性を追求していきたいですね。

――姫路の教育に長年関わってこられた校長先生から見て、姫路の住環境はいかがでしょうか。

「姫路城」はもちろん、“教育”も姫路の街の大きな魅力のひとつ!

山口校長先生:実は2018(平成30)年に姫路市は、近畿圏で住みたい街ナンバー1に選ばれたんです(※1)。これは大きな話題になりました。これからは人口減少社会に突入するので、都市間競争が本格化するでしょう。街に魅力がなければ、若い人は来てくれません。若いファミリーが住まない街は、子どもの数が減ってしまいます。そこで私たちは、2009(平成21)年度から小中一貫教育を始めるときに、教育の質を向上させて、街の魅力もアップしようと考えました。今ではありがたいことに姫路市は「教育の街」というイメージが定着しつつあります。 白鷺小中学校は姫路市のリーディング校として小中一貫教育を実践し、義務教育学校としてより高い教育成果をあげていくようチャレンジしていきます。引っ越しをお考えの保護者の皆さんが、「白鷺小中学校に通わせたい」と考えて、学校区に住まいを求められるというケースも多くなっています。
(※1)株式会社LIFULL(ライフル)調べ「近畿圏版 データで見た住みたい街ランキング 2018・2019」より

――姫路を知り尽くした校長先生のおすすめスポットなどがあればぜひお聞かせください!

山口校長先生:やはり姫路城ですね。世界遺産が駅を降りてすぐ間近で見られる街って他にはないと思うんですよ。JR「姫路」駅の2階にある姫路城眺望デッキ「キャッスルビュー」からは姫路城が一望できるので、ぜひ行ってみてください。

「キャッスルビュー」からの眺め
「キャッスルビュー」からの眺め

それから手前みそですが、「白鷺小中学校」の小学部から見るお城は、他では味わうことができないほど、とても雄大で美しいものです。また、播磨のおいしい魚介類や日本酒などを楽しめるお店もたくさんあります。神戸・大阪・京都へも通勤圏内で、遅くまで新快速があるのでとても便利です。さらに、駅の東側に「姫路市文化コンベンションセンター」が建設されます。文化芸術の拠点が駅周辺にできることで、教育・文化の街として一層の飛躍が期待されます。

姫路市立白鷺小中学校 山口 偉一校長先生
姫路市立白鷺小中学校 山口 偉一校長先生

姫路市立白鷺小中学校

山口 偉一校長先生
所在地:兵庫県姫路市本町68-52
電話番号:079-222-5588
URL:http://www.himeji-hyg.ed.jp/hakuro-g/index.cfm/1
※この情報は2019(令和元)年9月時点のものです。