里山の景観と文化を体験できる国営公園

あいな里山公園

“あいな里山公園”の愛称で知られる「国営明石海峡公園神戸地区」には「日本の故郷」を感じさせる古き良き景色が220ヘクタールにわたり広がっている。古民家や棚田、蓮田、めだか池、里山林など、心が和む美しい風景があるのだ。

あいな里山公園
あいな里山公園

400年以上前に建てられた藁葺(わらぶ)きの古民家を移築した「伝庫(でんご)の家」をはじめ、それぞれの古民家には自由に入ることができ、本を読んだり、友達と談笑したり、ゆったりとした時間を過ごすことができる。まさに特別な時間となる。

年代の違う藁葺(わらぶ)き古民家が点在
年代の違う藁葺(わらぶ)き古民家が点在

アクティブな方には体験プログラムへの参加がオススメ。毎日開催されている里山体験では無料(入場料あり)で畑の手入れや薪(まき)づくり、野草茶づくりなどの里山体験ができ、作業後に当公園で収穫された野菜を持ち帰ることができる。さらに週末には竹クラフトづくりやシシ革クラフトなどの体験プログラム(有料)が組まれている。親子で一緒に取り組むと、忘れられない思い出となるだろう。

季節ごとにさまざまな体験プログラム
季節ごとにさまざまな体験プログラム

生き物や植物に触れ合えることも公園での楽しみのひとつ。田んぼではナツアカネやヘイケボタル、ため池ではメダカやオシドリ、草原ではアサギマダラやハグロトンボ、森ではカブトムシやミヤマクワガタなど、多種多様な生き物たちに出会える。国営公園では珍しく、虫取り網と虫取りかごの持参が許可されており、持ち帰らなければ自由に捕まえて観察することができる。

自然豊かで気持ちの良い景色
自然豊かで気持ちの良い景色

さらにヤマザクラやササユリ、ヤマモモ、クリといった季節ごとの花や実にも出会える。秋にはそれぞれの植物が色づくグラデーションも美しい。当公園へはカメラを持って出かけたい。

4台の大型すべり台がある「遊びの森」
4台の大型すべり台がある「遊びの森」

あいな里山公園
所在地:兵庫県神戸市北区山田町藍那 
電話番号:078-591-8000
開園時間:9:30~17:00(7、8月は18:00まで、11月~3月は16:00まで)※入園は閉園の1時間前まで
休園日:年末年始(12/31~1/1)、2月の平日5日間
https://kobe-kaikyopark.jp/

詳細地図